>> TOPに戻る


よくあるご質問をあつめました。




OMソーラーにメンテナンスは必要ですか

施工工務店が倒産・廃業した場合は、メンテナンスはどうなりますか?

家を長期間留守にするときOMソーラーはどうすればいいですか?

OMソーラーの屋根の塗替えに遮熱塗料を使ってもいいですか?

OMの貯湯槽をエコキュートに交換できますか?


その他の質問についてはカテゴリーを選択してください。


OMソーラーにメンテナンスは必要ですか?

OMソーラーの機能を十分に発揮させるためにも、適切なメンテナンスをすることが大切です。施工された工務店とメンテナンス契約を結び、年に一度の定期点検をお願いすることをお勧めしています。 点検項目を大まかにあげると、ハンドリングボックスのダンパー、ファン、制御盤の操作・表示確認、ダクトの破損、脱落などの確認があげられます。その他、補助暖房やお湯採りの機能もある場合は、ボイラーや貯湯槽の確認も同時に行います。

一覧へ戻る

施工工務店が倒産・廃業した場合は、メンテナンスはどうなりますか?

施工工務店が何らかの事情で、対応できない場合は、OMソーラー株式会社にて近隣のOM会員工務店の紹介が可能です。お気軽にお問い合わせください。また、ご依頼されたい会員工務店がありましたら、ご希望の工務店名をOMソーラー株式会社までご連絡ください。 なお、引継工務店による修繕やメンテナンス等のご対応の費用は有償となりますので、ご了承ください。
現在のOMソーラー加盟工務店についてはこちらからご覧いただけます。 関連ページ http://omsolar.jp/komuten/list/builder/

一覧へ戻る

家を長期間留守にするときOMソーラーはどうすればいいですか?

自動モード機能がある場合は自動モードに設定してください。(自動モード機能がない場合は、留守から戻られるときの季節に設定をあわせるとよいでしょう)補助暖房(タイマー設定も含)や涼風取入モードがある場合には、それらをOFFに設定します。お湯採りをされている場合は、お手元の貯湯槽の取扱説明書をご覧いただき、タンクの水抜きを行ってください。 設定方法がご不明な場合は施工工務店もしくはOMソーラー株式会社へお問合せください。

一覧へ戻る

OMソーラーの屋根の塗替えに遮熱塗料を使ってもいいですか?

遮熱塗料の使用は避けてください。 OMソーラーの集熱屋根面には、ガラス有部分(高温集熱部分)とガラス無部分(予備集熱部分)があり、ガラスの載っていない板金部分でも、予備集熱部分に遮熱塗装をしてしまうとこれまでお湯採りや暖房として利用できていた集熱量が減少してしまい、OMソーラーの効果が落ちてしまうことがあります。 また、同様の理由で現在の塗装色より明るい色にすることもお勧めしていません。

一覧へ戻る

OMの貯湯槽をエコキュートに交換できますか?

お湯採り機能を撤去される場合には、市販のエコキュートへ交換できます。ただし、OMソーラーと連動する補助暖房を引き続きご利用される場合には、温水暖房機能付きの機器を設置する必要があります。 OMソーラーのお湯採り機能を継続したい場合は、弊社で販売しているソーラー対応型エコキュートをご利用ください。ただし、温水床暖房機能はありませんので、別途熱源器をご検討ください。 関連ページ http://omsolar.jp/product/hotwater_supply.html

一覧へ戻る



ご相談窓口
OMソーラー お客様サポートセンター
営業時間:平日 10:00〜17:00
TEL :053-488-1705
MAIL :お問い合わせフォーム

OMソーラーの不具合や修理など、ご不明点がございましたら、気軽にお問い合わせください。